ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

真生工業株式会社が多久市にマスクを寄贈

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2020年5月22日更新
<外部リンク>

 5月22日(金曜日)、建造物解体や産業廃棄物の処理を行う、真生工業株式会社(多久町)の中島 功代表取締役社長と工事部長の福島竜也さんが市役所を訪れ、多久市にマスク3万枚を寄贈していただきました。
 寄贈いただいたマスクは、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、同業者の方から在庫の連絡を受けて購入されたもので、中島さんは、「私たちの仕事は地元のみなさんの理解と協力の上で成り立っており、多久市のみなさんの役に立てればと考えていた。」と話され、市長は「お気持ちに感激しました。市場にマスクが少しずつ出てきたものの、まだまだ充分とは言えない状況です。有効に活用させていただきます。」と感謝の言葉を述べました。
 なお、寄贈していただいたマスクは、感染予防対策に活用する予定です。

マスク贈呈式の様子
マスク贈呈式の様子