ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成29年11月13日から情報連携(本格運用)がはじまっています

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2018年12月11日更新
<外部リンク>

マイナンバー制度における情報連携について、平成29年11月13日から本格運用が開始されています。

情報連携とは、マイナンバー法に基づき、これまで国民・住民のみなさんが行政の各種事務手続で提出する必要があった書類を省略することができるよう、専用のネットワークシステムを用いて、異なる行政機関の間でマイナンバーから生成された符号をもとに情報をやり取りすることです。

各種手続きの際にマイナンバーを申請書等に記入することで、行政機関等に提出する必要のあった書類を省略できるようになっています。

平成29年11月13日より順次、添付書類が省略できます。ただし、事務によっては引き続き添付書類の提出をお願いする場合がありますので、個別の事務手続きの際には、各行政機関の案内を必ずご確認ください。

内閣府「マイナンバー制度における情報連携について<外部リンク>

総務省(報道資料)「マイナンバー制度における「情報連携」および「マイナポータル」の本格運用等開始<外部リンク>