ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症関連のお知らせ > 新型コロナワクチン追加接種(3回目接種)が始まります

新型コロナワクチン追加接種(3回目接種)が始まります

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2021年12月1日更新 <外部リンク>

諸外国において、新型コロナワクチンを2回接種した場合であっても、接種後の時間の経過とともに、ワクチンの有効性や免疫原性が低下することが報告されています。

これらのことから、国から追加接種(3回目接種)について方針が示されました。

多久市も国の方針に基づいて準備を進めています。

注射器と

対象者・接種間隔  注射器

2回目の接種完了から原則8か月以上経過した、当日18歳以上の人

※ 2回目接種日から8か月後の同日から接種できます。 8か月後の同日がない場合は、翌月1日から接種可能です。

例1) 2回目接種が令和3年6月15日⇒⇒8か月後⇒⇒令和4年2月15日から接種可能

例2) 2回目接種が令和3年6月30日⇒⇒8か月後⇒⇒令和4年3月1日から接種可能

※感染状況によっては、接種間隔が6か月になることもあります

注射器

接種スケジュール ※令和3年11月24日時点

接種スケジュール》
2回目の接種時期 主な対象者 接種券発送時期
(予定)
追加接種(3回目接種)時期(予定) 備考
令和3年5月末まで

医療従事者や高齢者施設入所者、施設職員
※多久市内の医療機関や高齢者施設

令和3年11月末から 主に令和4年1月以降 勤務先や入所施設で直接予約してください
令和3年6月末まで 75歳以上の高齢者など 令和4年1月 令和4年2月以降

集団接種
多久市ワクチン接種センター
2月から開始する予定です

個別接種
市内医療機関
2月から開始する予定です

令和3年7月末まで 65歳以上の高齢者など 令和4年2月 令和4年3月以降
令和3年8月末まで 64歳から18歳までの人

令和4年3月

令和4年4月以降

追加接種(3回目接種)までのながれ

STEP1 接種券付き予診票が届きます

2回目接種から7か月経過した人から順に送ります。

例) 6月に2回目の接種が完了した人は令和4年1月に接種付き予診票を送ります。

郵便やさん

接種ができる時期になっても接種券付き予診票が届かない時は、健康増進課に連絡してください。

 

STEP2 予約します

★LINE 24時間 365日 Ok!

「多久市ワクチン接種」をお友達に追加して予約してください

※すでに追加されている人はそのまま使用できます。

スマホ

 

★多久市ホームページ 24時間 365日 Ok!

ホームページのトップページに予約専用のボタンがあります。

パソコン

 

★コールセンターに電話 9時~17 平日

☎0120-468-356(フリーダイヤル)

コールセンターは令和4年1月に開設します

 

★医療機関 

かかりつけ医で接種を希望する人は、受診時に医療機関に直接予約してください。

HP 医師

インフルエンザ等他の予防接種と13日以上の接種間隔が空いていることを確認してください。
13日以上の接種間隔とは、接種した日の2週間後の同じ曜日から接種可能となります。

STEP3 接種します

《会場》

集団接種

 多久市ワクチン接種センター

個別接種

 市内医療機関

池田医院・江口医院・太田医院・多久市立病院・多久生協クリニック・中多久病院・
諸江医院・諸隈病院・りゅう整形外科 (50音順)

《持ってくるするもの》

 ●接種券付き予診票

 ●本人確認ができるもの(健康保険証や運転免許証、マイナンバーカードなど)

肩を出しやすい服装でお越しください

接種

1回目、2回目の接種がすんでいない人へ

12月追加接種(3回目接種)を開始しますが、1回目、2回目の接種の予約も引き続き受け付けています。

接種を希望する人は健康増進課までご連絡ください。

転入・転出する人へ 

2回目の接種後に多久市に転入した人は、多久市で接種履歴が確認できませんので、接種券付き予診票発行の手続きが必要です。接種済証をもって健康増進課に来庁してください。

2回目の接種完了後転出される人は、転出先で接種券付き予診票の発行手続きが必要になります。

〈申請書〉

接種券発行申請書(追加接種用) [Wordファイル/27KB]