ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症関連のお知らせ > 新型コロナウイルス予防接種証明書申請受付をまもなく開始します

新型コロナウイルス予防接種証明書申請受付をまもなく開始します

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2021年7月21日更新 <外部リンク>

新型コロナウイルスワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)を発行しています。※7月26日より開始

7月26日(月曜日)から海外渡航予定のある方を対象に「新型コロナワクチン接種証明書」の申請を受付ています。

申請対象者(海外渡航予定者)

接種証明書は、当分の間、以下の2つの条件のいずれにも当てはまる方を対象とします。

(1)多久市が発行した接種券を利用して新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を受けた方。

(2)海外へ渡航される際、入国時検査や隔離の免除等防疫措置の緩和が受けらえるといった理由から、本証明書を必要とする方。

※海外渡航の予定がない方は対象外です。(当分の間)
※国外等で接種を受けた方(予防接種法に基づかない接種を受けた方)は対象外です。
※外務省による海外在留邦人の一時帰国者を対象とした事業で接種を受けた方への証明書については、外務省までお問合せください。

注)日本国内でのご利用は、ワクチン接種の際にお渡しした「接種済証」または「接種記録書」をご活用ください。

注)海外渡航用に新型コロナワクチン接種証明書が使用可能な国・地域の一覧については、外務省 海外安全ホームページを参照ください。随時更新されています。

外務省 海外安全ホームページはこちら☞https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/certificationlist.html<外部リンク>

申請方法 7月26日(月曜日)申請受付開始

申請先

多久市健康増進課に「申請に必要なもの」(1)~(5)を同封して郵送で申請してください。


※証明書の発行には申請を受け付けてから1週間程度かかります。
※転出入等により1回目と2回目で別の市町村の接種券を使用して接種を受けた場合は、それぞれの市町村が申請先となります。

申請に必要なもの

(1)申請書 申請書 [PDFファイル/47KB] 申請書 [Excelファイル/19KB]

(2)海外渡航時に有効なパスポートの写し
 接種証明書に記載されるパスポート番号と海外渡航時に使用するパスポート番号が一致する必要があります。接種証明書を取得した後にパスポート番号が変わった場合には、接種証明書を改めて取得する必要があります

(3)接種券のうち「予診のみ」部分の写し
 (3)がない場合、原則としてマイナンバーが確認できる書類(マイナンバーが記載された住民票の写し等)が必要です。マイナンバーが確認できる書類が提示できない場合は、接種を受けた時の住所が記載された本人確認書類でもかまいません。

予診のみ

(4)「接種済証」または「接種記録書」の写し

(5)返信用封筒
 宛名と切手の貼付を必ずお願いいたします。

証明書内容

画面はイメージです。実際は変更する場合があります。

見本

申請書類郵送・問合せ先

〒846-8501(住所は記載不要です)
多久市役所 健康増進課

接種証明書の一般的な問合せ

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター
電話 0120-761770(毎日午前9時から午後9時)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)