ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症関連のお知らせ > 新しい生活様式対策支援事業(介護)

新しい生活様式対策支援事業(介護)

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2020年8月5日更新 <外部リンク>

新型コロナウイルス感染症対策として、大きな影響を受けている介護サービス事業者に対し「新しい生活様式」に対応するとともに感染症対策を継続して行いながら、必要なサービスを提供するための体制の構築に向けた取組を支援することを目的に、新しい生活様式対策支援事業(介護)を実施します。

対象者

次の要件すべてを満たす者

  1. 多久市内で介護サービス事業を行う事業者であること
  2. 新型コロナウイルス感染症対策として新しい生活様式に対応するための取組を行う事業者であること
  3. 市税の滞納がないこと。市税に滞納がある場合、市税納付に係る誓約を行うこと
  4. 暴力団等に関与していないこと

対象事業

令和2年4月1日から令和3年2月28日までに実施した感染症対策など継続したサービスを提供するための取組

対象経費

令和2年4月1日から令和3年2月28日までに完了した、市内事業所で「新しい生活様式」に対応するために必要な経費とする。ただし、証拠書類等によって支払金額等が確認できる経費に限る。(消費税は補助対象外)

補助対象経費区分

経費区分

内容

事業費

消耗品、物品購入費、外注費(工事費)等

その他

上記に掲げるもののほか、市長が特に必要と認める経費

  • 同一事業者が病院、障害福祉サービス事業を有する場合は、新しい生活様式対策支援事業補助金の(医療)、(障害福祉)分も申請することができるが、申請に当たっては、それぞれ対象の施設に係る分の経費を対象経費とする。
  • 汎用性があり、目的外使用になり得るもの(例:パソコンおよび周辺機器(ハードディスク、サーバー)、カメラ、自転車等)の購入費用は本補助金の対象経費とすることはできない。ただし、面会用タブレット端末の購入は、対象とすることができる。
  • 消耗品費(消毒液、マスク、防護服等)は、受払簿等(任意様式)にて、購入日、購入量、使用日、使用量等を管理する必要がある。

本事業による取組事例

  • 消毒設備(オゾン発生装置、紫外線照射機等)の購入(物品購入費)
  • 消毒液、アルコール液の購入(消耗品費)
  • マスク、ゴーグル、フェイスシールドの購入(消耗品費)
  • 体温計、サーモカメラ、パルスオキシメーターの購入(物品購入費)
  • アクリル板、透明ビニールシート、防護スクリーンの購入(消耗品費)
  • 換気設備(換気扇、サーキュレーター、空気清浄機、換気・空気清浄機付きエアコン等)の購入・施工(外注費、物品購入費)
  • 面会用タブレット端末の購入(物品購入費)
  • Wi-Fi、LANの整備(外注費、ただし通信費は除く)
  • 蛇口の自動水栓への変更(外注費)

※くわしくは要綱 [Wordファイル/22KB]をご確認ください

交付額・補助率

交付額

1事業者あたり50万円(上限額)

補助率

10分の10以内(補助金の額は千円単位(千円未満切り捨て))

申請回数

1事業者につき1回限り

補助対象外経費

  • 感染拡大防止対策とは関係ないもの
  • 汎用性があり、目的外使用になり得るもの
  • 消費税および振込手数料
  • 中古品
  • 自宅兼事務所で、居住スペースへの事業
  • 国および地方公共団体が行う同様の事業への補助金申請を行っている場合、その補助金で対象経費とされているもの

申請期間

令和2年8月5日(水曜日)から令和3年2月26日(金曜日)※ただし、令和3年2月28日(日曜日)までに事業完了すること

申請手続き

申請・問い合わせ

多久市役所 地域包括支援課 Tel 0952-75-6033

受付時間

8時30分から17時(平日のみ) 

提出先・提出方法

申請書類等を地域包括支援課に郵送または持参してください(事前に電話連絡をお願いします)

提出部数

1部(申請様式等は下記からダウンロード)

申請書類等 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)