ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育委員会 > 「夏休み教育キャンプ in 船山2019」を開催しました

「夏休み教育キャンプ in 船山2019」を開催しました

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2019年8月20日更新 <外部リンク>

「夏休み教育キャンプ in 船山2019」を開催しました

1

8月7日(水曜日)から8月9日(金曜日)、船山キャンプ場にて「夏休み教育キャンプ in 船山2019」を開催しました。

今回は義務教育学校の4年生から7年生の21人が参加し、4班に分かれて体験活動を行いました。

1日目は、班ごとにテント設営、飯ごうでご飯を炊き、カレーを作りました。
夕食後のナイトハイクでは、暗い森の中を班ごとに歩きました。子どもたちは、最初は「緊張する!大丈夫かな?」と不安そうでしたが、普段はできない体験をとても楽しんでいました。

2 3 4

5 6 7

2日目はラジオ体操後にマウンテンハイクを行い、朝食は非常食体験でした。
野外レクでは、キャンプ場に設けられた7つの国を班ごとに回り、とても盛り上がりました。
その後昼食のホットドッグを食べ、午後は水てっぽう・いかだ体験を行いました。最終的にみんなびしょびしょになりながら楽しみました。夕食はお楽しみのバーベキュー。肉も野菜もたくさん食べました。
2日目の最後はキャンプファイヤー。大人も子どもも一緒になって楽しみました。
盛りだくさんの内容に疲れたのか、夜はみんなぐっすり眠れたようです。

8 9 7

10 11 13 

12 14 15

3日目はラジオ体操後に班ごとに野外炊飯を行い、テントや食器類の片づけを行いました。
班のみんなとの息はぴったり。協力し合い片づけをしました。
最後は流しそうめん。そうめん以外にも野菜や果物がながれてきて楽しみながら食べていました。

16 17 18

参加した子どもたちは、大自然の中でのキャンプを通して、仲間と協力し、楽しみながらさまざまなことを学びました。
普段の学校や私生活とはまた違った環境、違ったお友達と一緒に学習することで、ぜひ何か少しでも自分のためになることを見つけてほしいと思います。

また、開催にあたり、多久高校生ボランティアの方、多久市児童愛護班、多久市子どもクラブ連合会の方々にご協力いただきました。

ご協力いただき、ありがとうございました。