多久駅周辺のまちづくりシンポジウム

多久駅周辺のまちづくりシンポジウム

シンポジウムチラシ.jpg

これまで多久市では、多久駅周辺地区の活性化を考える場として、「多久市まちづくり協議会」の設立や、まちづくりを実践していく組織として「一般社団法人たく21」を設立しました。市民が中心となっておこなってきたまちづくりを今後へつなげていくためにまちづくりシンポジウムを開催します。

日時:平成28年5月17日(火) 受付18:00 開演18:30

場所:中央公民館 大ホール (定員550名)

内容:基調講演、パネルディスカッション

基調講演

テーマ「まちのプランドデザイン」

講師 九州大学大学院芸術工学デザインストラレジー部門 教授 清須美匡洋(きよすみ まさひろ)

パネルディスカッション

テーマ「まちの魅力は私たちが創る」

パネラー

清須美匡洋 氏(九州大学大学院芸術工学デザインストラレジー部門 教授)

松尾美和 氏 (多久市まちづくり協議会中核施設部会 部会長)

笹川俊一 氏 (多久市まちづくり協議会 エリアマネジメント部会 部会長)

冨永久司 氏 (多久市まちづくり協議会 まちなみ部会 副部会長)

横尾俊彦 氏 (多久市長)

コーディネーター

渡曾清治 氏 (株式会社 アルトゥ計画事務所 代表取締役)

司会

大島哲也 氏 (タウンマネージャー)

お問い合わせ

多久市役所 商工観光課 街づくり係  TEL 0952-75-2117   FAX 0952-75-2129

主催:多久市役所 共催:多久市まちづくり協議会、一般社団法人たく21、多久市商工会

シンポジウムチラシ(656KB)

 

平成22年 多久駅周辺のまちづくりシンポジウム

I Love Taku! のまちづくりに夢を広げよう

多久市が進めている多久駅周辺中心市街地活性化の取り組みや、今後のまちづくりを広く市民のみなさんに紹介するシンポジウムを平成22年5月14 日、多久市中央公民館で開き、約200人が参加しました。専門家が基調講演や昨年度のまちづくり事業報告を行い、パネルディスカッションでは市民代表を交 えて今後のまちづくりのあり方を意見交換。多くのアドバイスや提案が市民の関心を高め、みんなが「I LoveTaku」と言えるまちづくりに夢を広げました。

基調講演

テーマ「地域の個性を磨くまちづくり」  
講師 熊本大学工学部長 熊本大学大学院自然科学研究科教授 両角光男(もろずみみつお)氏

まち全体を魅力的な場所に!

まちづくりは、将来を考えることなので、いろんな可能性を語ることができます。
賑わいのあるまちづくりで重要なことは、第一に住む人を 増やすこと。そして働く人、訪れる人、通る人を増やすことでしょう。さてどうやってと言うのが課題。まず考えることは、地元の市民が行きたくなるようなま ちを作ることで、成功すれば周辺からも来てもらえるという考え方が大事です。市民にとって魅力的なサービスを提供する、駅周辺に滞在すること自体が楽しみ な場所を作ること、市内各地から駅周辺に便利に移動することができるようにすることも大事でしょう。
魅力的な施設・建物をつくることも大事です が、まち全体が魅力的な場所であることも大事。施設デザインと隙間の空間デザインがカギを握っています。例えばお店や喫茶店など建物と建物の間を隙間空間 と呼び、そういう場所で過ごす時間も意外と長く、そこで過ごすこと自体がそのまちの魅力を作り、そこでの体験や印象がまちの魅力や印象につながっていくと 考えます。隙間を色々演出することで、滞在することを楽しめるまちができます。そのためにいろんな考え方があることを紹介しましたので、今後の討論のきっ かけにつながればと思います。 (講演の一部を抜粋)

熊本大学両角光男工学部長の写真 基調講演の模様

多久駅周辺のまちづくりについて、たくさんの事例を映像で紹介しながら、これからの多久駅周辺のあり方についてご講演をいただきました。

事業活動報告

「多久駅周辺のまちづくりに向けた活動」  
株式会社アールトゥ計画事務所 代表取締役 渡會清治(わたらいせいじ)氏

事業活動報告では、中心市街地活性化のため多久市が取り組んできた多久駅周辺まちなか再生総合プロデュース事業の渡會清治プロデューサーが『多久 駅周辺のまちづくりに向けた活動』として、昨年8月から商工会を中心としたまちづくり協議会や市民各層で協議を重ねた内容を報告。資料をもとに、要点とな る(1)まちづくり10年構想(2)街並みの景観形成(3)まちの空間イメージ構想(4)中核施設構想について説明し、「まだまだ始まったばかりなので、 今年度1年同じような試みをやって、中身を積み上げます」と話し、それぞれに今後の課題や進め方を示しました。

渡會清治(わたらいせいじ)氏の写真 会場の模様

中心市街地活性化のため多久市が取り組んできた活動について報告する渡會(わたらい)氏(左)。熱心に事業活動報告に聞き入る参加者(右)。

パネルディスカッション 

テーマ「これからの時代と多久駅周辺まちづくり」  

渡會清治(わたらいせいじ)氏をコーディネーターに、6人がパネラーとして『これからの時代と多久駅周辺まちづくり』をテーマに議論。会場から「多 久全体でまちづくりを考え、大きな目標を持って動かないと住みたい、行きたいまちにならない」などの意見や要望も出され、今後のまちづくりに期待を集めま した。

パネラー

(もろずみみつお) 氏(熊本大学工学部長・同大学院自然科学研究科教授)
木村三重子 氏(環境演出家、フラワーデザイナー) 
江里口尚子 氏(NPO法人のんびらぁと 理事長)
真崎俊夫 氏(株式会社音成印刷 代表取締役社長) 
笹川知子 氏(笹川工建株式会社 ホームアドバイザー)
横尾俊彦 氏(多久市長)

コーディネーター 

渡會清治(わたらいせいじ) 氏(株式会社アールトゥ計画事務所 代表取締役)

※パネルディスカッションの内容については、多久市報(7月号)「特集 多久駅周辺まちづくりのシンポジウム」をご覧ください。

問い合わせ

商工観光課 街づくり係
〒846-8501 佐賀県多久市北多久町大字小侍7-1
電話:0952-75-2117 ファックス:0952-75-2129

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?