多久駅周辺のまちづくりフォーラム

I Love Taku! のまちづくり 花と緑をまちなかに

多久駅周辺では土地区画整理事業が進み、平成22年度までに多久駅北駐車場・駐輪場などの整備が整いました。これまでのまちづくりの事業報告と、こ れからの多久駅周辺の街並みづくりについてのフォーラムを平成23年7月7日(木)、多久市商工会で開きました。今回は3人の女性をパネリストに迎え、女 性の視点を活かしてのまちづくりをテーマに活発な意見交換が行われました。

基調講演

テーマ『まちなかを花と緑で彩る』」 

講師 日本大学理工学部助教 山﨑誠子(やまざきまさこ)先生

花と緑で魅力ある多久の顔づくり!

私たちはまちなかの緑をどうしていくかをみんなで考えていくことが大事です。駅を降りたときの魅力ある多久らしい顔づくりをどうするのかが重要に なります。そのとき多久の自然にあっていること、環境にあっていること、その街の文化とか歴史とかを盛り込ませることが大切で、3つの要素をうまく合わせ ながら、誰からも共感が得られる、多久らしい植物を選んでいくことが大切です。
花や緑をまちなかで見せることで、祭やイベントができます。創意 工夫で人を集めることができます。こういうことをやっていくのに一番大事なのは維持管理で、日々変化する植物を相手にするには、どう手入れしていくかがき れいな街を作っていくうえで大切になってきます。(講演の一部を抜粋)

山﨑誠子先生の写真 基調講演の様子
魅力のある多久の顔づくりについて、花や緑を使ったたくさんの事例を映像で紹介しながら、これからの多久駅周辺の街並みについてご講演をいただきました。

事業活動報告

『まちづくりは第2段階へ』

株式会社アールトゥ計画事務所 代表取締役 渡會清治(わたらいせいじ)氏

事業活動報告では、中心市街地活性化のために取り組んできた多久駅周辺まちなか再生総合プロデュース事業について、渡會清治プロデューサーから 『まちづくりは第2段階へ』と題して報告があり、ここ2年~3年の課題として中核施設構想の具体化やまちづくり会社等の運営組織の構築があり、皆さんの 意識を高め、議論を形にしていく段階であると説明がありました。

houkoku01.JPG   [ 65251  bytes ] houkoku02.JPG   [ 108137  bytes ]
中心市街地活性化のため多久市が取り組んできた活動について報告する渡會(わたらい)氏(左)。熱心に事業活動報告に聞き入る参加者(右)。

パネルディスカッション 

テーマ『花と緑が賑わいを生み出す』  

渡會清治(わたらいせいじ)氏をコーディネーターに、4人がパネラーとして『花と緑が賑わいを生み出す』をテーマに議論。会場から「自分がくつろげる場所とか、子どもと気がねなく過ごせる場所が欲しい」などの意見や要望も出され、今後のまちづくりに期待が集まりました。

●パネラー     
山﨑誠子(やまざきまさこ)氏 日本大学理工学部助教
南里幸子氏 南里時計店
原口美穂氏 都通りを復活させる会代表
横尾俊彦市長

●コーディネーター  
渡會清治(わたらいせいじ)氏 株式会社アールトゥ計画事務所 代表取締役      

 ※パネルディスカッションの内容については、多久市報(9月号)「特集 多久駅周辺のまちづくりフォーラム」をご覧ください。

 

問い合わせ

商工観光課 街づくり係
〒846-8501 佐賀県多久市北多久町大字小侍7-1
電話:0952-75-2117 ファックス:0952-75-2129

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?