平成26年度 多久市まちづくり活動推進事業社会実験業務

多久駅北口にてにぎわい・交流の場づくりを行います

事業目的

多久駅北側の未利用地について、将来の見通しが不透明な現在の状況下では、地権者ならびに事業者の確定的な利用への投資はリスクが大きいため、積極的な活用にはつながっていないところです。
また、これまでにない土地の利活用の方法というものは、地権者ならびに事業者にとっては想像しづらいため、多久駅北側の未利用地に暫定的な整備を行い、いろいろな取り組みを行いながら、地域のニーズを把握し、活用効果の「見える化」を図り、土地利用の提案につなげることを目的に行います。

実施期間

平成27年2月1日(日)から平成27年3月8日(日)まで

実施場所

多久駅北側エリア

多久駅周辺空き地活性化プロジェクト

社会実験事業については、一般社団法人たく21とまちづくり協議会の若手メンバーが中心となって実行委員会をつくり、「多久駅周辺空き地活性化プロジェクト」として実施していきます。

マルゴシデッキ

人が滞在することと 少しずつ積み上げられていく想いが 空き地に新しい景色を創り出し
また少しずつ町を豊かにしていく・・・
そんな丸腰の分け隔てのない自由な空間が「マルゴシデッキ」です。

マルゴシデッキのイラスト

マルゴシデッキでは、場所の創出ワークショップを2月より行っていきます

 ホームセンターが大好きだ!日曜大工を愛してやまない。
そんな我こそはD.I.Y.世代のみなさんをお待ちしております!
みんなで大工仕事をして、思い入れの場所作りしませんか?
プロジェクトの第一歩です!ご参加お待ちしております。

予約不要・参加無料
場所:JR多久駅北口西側空き地(マルゴシデッキののぼり旗が目印です)
  •  step1 2/12(木).13(金)
    まずは居心地の良い空間とは?を考えてみよう!
    切り出してある木材を組んで、デッキスぺースを作ろう!
    デッキのイラスト
  • step2 2/16(月)
    デッキに車輪を付けて可動式にしよう!
    構造の骨になる壁の基本フレームを作ろう!
    フレームのイラスト
  • step3 2/19(木)
    壁や棚を取り付けてみたり、自由に装飾をしてみよう!

朝9時から夕方まで行っておりますので、気軽にご参加ください。

予定イベント

2月14日(土)

ものづくりワークショップ【カホンをつくろう カホンを鳴らそう】
10:00~12:00演奏会・説明会
13:00~16:00カホン作成
※カホンとは、ペルー原産の打楽器です。カホンをみんなでつくってみよう!
既に定員の20名に達していますが、演奏会は観覧無料ですので気軽にご観覧ください。

カホンイメージ写真
2月21日(土)

多久マルシェ連動企画【まるごしカフェ】
10:00~16:00
一日限定で、空き地で行うカフェサイトです。
(カフェメニュー:フラワーアレンジ、ブックマルシェ、クラフト雑貨)

2月28日(土)

アニメフィルム【冬の夜空のノスタルジック上映会】
18:30開場
19:00開演
21:00終了
懐かしいアニメーション作品を中心にレアな16ミリ作品上映、温かい飲み物、食べ物と一緒に寒い夜空を楽しみつくします。

 詳しくは、フェイスブック『マルゴシデッキ』のページをご覧ください。

 


問い合わせ

商工観光課 街づくり係
〒846-8501 佐賀県多久市北多久町大字小侍7-1
電話:0952-75-2117 ファックス:0952-75-2129

多久市北多久町大字小侍1016番地2
一般社団法人たく21 電話:0952-20-2203

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?