志田林三郎(しだりんざぶろう)

志田林三郎安政2年(1855)~明治25年(1892)

我が国の電気学会の創設者。幼年期から頭脳明晰で神童と称され、東原庠舎に学び藩費で東京留学、東京工学寮で電信学を修め、英国グラスゴー大学に留学し最優秀論文賞を受賞するなど首席で卒業した。帰国後、工部大学教授(現在の東京大学工学部)・逓信省工務局次長を務め、我が国第一号の工学博士号を授与される。電気工学の未来技術を的確に予測し、次々に実現している。

問い合わせ

教育振興課 文化スポーツ係
〒846-8501 佐賀県多久市北多久町大字小侍7-1
電話:0952-75-8022 ファックス:0952-75-2279

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?