釈菜

釈菜の様子の写真

孔子に感謝し、丁重にお供えをあげる儀式には、釈奠と釈菜があります。釈奠は牛・羊・豚などを供える儀式です。
多久聖廟では甘酒や銀杏(棗)・栗・芹・筍の蔬菜類と雉肉(鮒)・御飯・餅などを供える釈菜が行われています。
祭官には市長をはじめ、議会議長・教育長・小中学校長および副校長・熟練者などがあたり、雅楽演奏の中で厳かに執り行われます。
お供えを盛る器は創建当時のものです。

(佐賀県重要無形民俗文化財 昭和55年2月22日指定)

釈菜日程

釈菜は春(4月)と秋(10月)の年2回行われています。

4月18日(毎年同日)
10月第4日曜日

器・お供えもの

器・お供えものの写真

雅楽演奏・楽器

雅楽演奏・楽器の写真

釈菜式順

1 詣廟 けいびょう
献官、祭官の入堂
2 排班 はいはん
就位、整列の意
3 迎神 げいじん
お迎え、奏楽
4 鞠躬 きっきゅう
拝(伏して拝む)、興(立ち上がる)を数度繰り返し、平身で元になおる
5 献饌 けんせん
供物をささげる
6 点閲 てんえつ
掌儀(しょうぎ)が供物を検査する
7 詣盥洗所 けいかんせんじょ
献官が洗所で手を清める
8 詣香案前 けいこうあんぜん
香をあげる準備をする
9 上香 じょうこう
香をあげる
10 詣爵洗所 けいしゃくせんじょ
爵を洗所で清める
11 詣酒尊所 けいしゅそんじょ
献酒の準備
12 詣至聖先師文宣王神位前 けいしせいせんしぶんせんのうしんいぜん
文宣王(孔子)の前に進み、跪(ひざまづく)、献爵(献酒)、拝の声に合わせ酒をささげる
13 詣読祝位 けいどくしゅくい
祝者が祝文を読む準備をする
14 衆官皆跪 しゅうかんかいき
祭官が全員ひざまづく
15 読祝 どくしゅく
祝文を読む
16 献爵於配位詣酒尊所 けんしゃくおはいいけんしゅそんじょ
四哲に献酒の準備をする
17 詣復聖顔子神位前 けいふくせいがんししんいぜん
詣宗聖曽子神位前 けいそうせいそうししんいぜん
詣述聖子思子神位前 けいじゅつせいししししんいぜん
詣亜聖孟子神位前 けいあせいもうししんいぜん
顔子、曽子、子思子、孟子の順に、「跪」・「献爵」・「拝」の声で献酒する
18 行亜献礼詣酒尊所 こうあけんれいけいしゅそんじょ
二回目の献酒の準備をする。12、16、17の順に繰り返す
19 行終献礼詣酒尊所 こうしゅうけんれいけいしゅそんじょ
三回目の献酒の準備をする。12、16、17の順に繰り返す
20 衆官復位 しゅうかんふくい
元のならびに戻る
21 詣読詩位 けいどくしい
祝者が献詩の準備をする
22 衆官皆跪 しゅうかんかいき
祭官が全員ひざまづく
23 読詩 どくし
献詩を朗読する
24 徹饌 てつせん
供物を下げる
25 排班 はいはん
整列
26 送神 そうじん
お送り
27 鞠躬 きっきゅう
参拝者全員で拝礼する
28 礼畢 れいひつ
献官、祭官が退堂する

 

問い合わせ

教育委員会 生涯学習課 文化スポーツ係
〒846-8501 佐賀県多久市北多久町大字小侍7-1
電話:0952-74-3241 ファックス:0952-74-3284

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?