岩屋山渓桜(いわやざんけいおう)公園

小城、別府炭坑の最盛期に市民の花見のメッカとして親しまれてきましたが、エネルギー革命による石炭産業の衰退とともにその華やかさもさびれ、荒廃してしまいました。
しかし、「このままではいかん!なんとかせんば~」と地元の市民有志が立ち上がり「岩屋山開発推進協議会」なるものを結成され、桜の植栽や清掃作業をコツコツと続けてこられました。
こういう背景をふまえ、昭和63年度より日本に現存する桜の品種をできるだけ集めて、日本一の桜公園を作ろうと整備を始め、平成5年度に整備が完了しました。春の花見、秋の紅葉シーズンにはぜひ見に来てください。
また、キャンプ場も併設しており、2棟のあづまや、炊飯施設(飲料水、電気、電話なし)があります。キャンプ利用は無料ですが、申請が必要です。

 岩屋山渓桜公園

申請申し込み等について、詳しいことは普通公園のページをご覧ください。

所在地

佐賀県多久市東多久町大字別府2249-1130

交通

  •  多久ICより、車で10分。国道203号(バイパス)線を佐賀方面へ行き、1.5Km(上り坂より500m)地点より左折
  • 電車 東多久駅より徒歩40分

問い合わせ

都市計画課 都市計画係
〒846-8501 佐賀県多久市北多久町大字小侍7-1
電話:0952-75-4827  ファックス:0952-75-2757

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?