2019年1月11日の行事予定

時間行事
  9:00

家庭児童相談

【 場所 】
福祉課

  9:00

ひとり親相談

【 場所 】
福祉課

  9:00

明治維新150年記念事業 特別企画展『志田林三郎~幕末維新を駆け未来を予見した若き電気工学者~』

【 場所 】
郷土資料館・先覚者資料館

【 説明 】
 明治維新150年記念事業 特別企画展『志田林三郎~幕末維新を駆け未来を予見した若き電気工学者~』を開催します。  志田林三郎は、1855年に現在の東多久町に生まれ、1871年工学寮(のち工部大学校へ改称)の1期生となり、電信科で電気工学を学びます。1879年工部大学校を首席で卒業後グラスゴー大学へ留学、最優秀論文に与えられるクレランド金賞を受賞。帰国後は工部省(のち逓信省へ改編)に入省、工部大学校、帝国大学(のち東京大学)の教授を兼任するなど活躍しました。また、隅田川での無線通信実験や、地電流観測のための「電気の強弱方向を自記する新器械」を発明するなど、先駆的な研究を行っています。1888年には電気学会を設立、第1回通常会で「将来可能となるであろう十余のエレクトロニクス技術予測」に関して演説しました。その予測のほとんどが、現在実用化されています。  本展覧会では、志田林三郎を原点として、これまでの電気通信技術の発展を紹介し、東京大学大学院工学系研究科での研究から未来の暮らしについて考えます。さらに、国立科学博物館の協力のもと「電気の強弱方向を自記する新器械」を復元し、電気工学者志田林三郎の実像に迫ります。

10:00

子育て相談

【 場所 】
子育て支援センター

13:30

げんきアップさー来る(運動教室)きらきらコース

【 場所 】
ゆめひろば(スポーツピア)

  8:30

多久市好齢大学院修了作品展

【 場所 】
市役所1階市民ホール

【 説明 】
 多久市好齢(こうれい)大学院は、教養活動の促進や、生きがいづくりとして、習字や絵手紙等を学んでいます。ぜひご覧ください。

  9:30

多久町民生委員児童委員協議会

【 場所 】
多久公民館

  9:30

北多久町民生委員児童委員協議会

【 場所 】
社会福祉会館

14:30

東多久町民生委員児童委員協議会

【 場所 】
東多久公民館

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?