たくさんフォトニュース

2018年4月のたくさんフォトニュース

~三百年の歴史を刻む~ 春季釈菜

2018年4月18日

 4月18日、春の陽気の中、多久聖廟で春季釈菜が執り行われました。
 釈菜とは儒教の祖である孔子とその高弟(顔子・曽子・子思子・孟子)に感謝し丁重にお供えをあげる儀式で、甘酒や銀杏(棗)・栗・芹・筍の蔬菜類と雉肉(鮒)・御飯・餅などが供えられました。
 厳かな雅楽が鳴る聖廟内では、歴史ある厳格な典礼が行われました。境内では地元東原庠舎 西渓校の生徒による釈菜の舞などが披露されました。今回の春季釈菜には市内外から約1,500人が訪れました。

春季釈菜.jpg
▲儀式の様子

春季釈菜2.jpg
▲雅楽

春季釈菜3.jpg
▲釈菜の舞

春季釈菜4.jpg
▲趙勇(ちょうゆう)さんによる揚琴の演奏

ページトップへもどる

子育て施策に役立てて!~佐賀東信用組合から寄付~

2018年4月10日

 4月10日、佐賀東信用組合から多久市へ寄付があり、大曲清一郎常務理事から市長へ手渡されました。
 この寄付金は、同金庫が子育て応援を目的として募集している「カルガモ定期預金」の預金総額から0.05%を多久市を含む管内5市4町の自治体に比例分配されたもので、各自治体への寄付総額は50万円。
 大曲常務理事は「子育て施策に役立ててほしい。少しでも子どもが増えれば」と話されました。

佐賀東信用組合1.jpg
 

ページトップへもどる

問い合わせ

情報課 広報広聴係
〒846-8501 佐賀県多久市北多久町大字小侍7-1
電話:0952-75-2280 ファックス:0952-75-2110

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?