鬼の鼻山 憩いの森公園

多久聖廟の横を南に向かって登っていくと、梶峰(かじみね)城跡や丹邱(たんきゅう)の里を眼 下に望み、天ヶ瀬ダムに着きます。秋になると黄色に色づいたみかんが広がっていて、一帯は多久みかんの主産地として知られています。そこからさらに登って いくと標高435mの鬼ノ鼻山に到着します。そのふもとに整備したのが、鬼ノ鼻山憩いの森です。
頂上からは北に広がる多久市内を見渡せ、南は佐賀平野、有明海が広がり、遠く多良岳や雲仙岳も望めます。
夜ともなれば天体観測もでき満天の星空をお楽しみください。

鬼の鼻山鬼の滑り台の写真

所在地

佐賀県多久市多久町1887-55

交通

  • 多久ICより、車で20分。国道203号(バイパス)線を唐津方面へ2Km行き、荕原(あざみばる)交差点を左折、3Km南下し市立病院を通り過ぎつきあたって左折すると多久聖廟入口に出る。 そこを右折し、ひたすら山道を登る。
  • 昭和バス多久駅北口より武雄方面にのり「本多久」下車、徒歩70分

問い合わせ

商工観光課 商工観光係
〒846-8501 佐賀県多久市北多久町大字小侍7-1
電話:0952-75-2117 ファックス:0952-75-2129

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?