義務教育学校 多久市立東原庠舎中央校

東原庠舎中央校校章

平成25年4月

北部小学校、緑が丘小学校、南部小学校を中央小学校に再編し、中央中学校と小中一貫校となる中央小学校・中央中学校が開校しました。

 

平成29年4月

中央小学校、中央中学校を「義務教育学校」として「東原庠舎中央校」が開校しました。

東原庠舎中央校外観

児童生徒数および学級数(平成29年5月現在)

1年

75人

3学級

2年

89人

3学級

3年

80人

2学級

4年

82人

3学級

5年

87人

3学級

6年

86人

3学級

7年

85人

3学級

8年

87人

3学級

9年

102人

3学級

小特別支援

36人

3学級

中特別支援

12人

2学級

合計

821人

31学級

学校教育目標

 夢に向かって生き生きと輝く 児童生徒の育成
 ~地域とともに伸びゆく中央校をつくろう~

目指す児童生徒像

真剣に学ぶ児童生徒 (かしこい子)
思いやりのある児童生徒 (やさしい子)
最後までがんばる児童生徒 (たくましい子)
けじめのある児童生徒 (つよい心の子)
ふるさとを大切にする児童生徒 (多久に生きる子)

東原庠舎中央校の指導の特色

・9年間を3つの段階(前期1~4年、中期5~7年、後期8~9年)に分けて、系統的で継続的な一貫した学習指導と生徒指導を目指します。

・前期・後期の教職員連携を生かして、児童生徒一人一人を大切にする指導を目指します。

・地域に開かれた学校を作り、保護者・地域との連携を大切にしながら、心身ともに健やかな児童生徒の育成を目指します。

 

スクールバスについて

前期課程児童については2キロメートル以上、後期課程生徒については6キロメートル以上を超える地域に居住している児童生徒はスクールバスを利用できます。

現在、下の17の路線で運行しており、下校時は3便運行しています。

中央校

路線

岸川線、相の浦線、立山線、浦山線、横柴折線、 観音山線、多久駅北線、新栄町線、高木川内線、多久駅南線1、多久駅南線2、タカスギ団地線、砂原公民館線、砂原団地線1、砂原団地線2、田柄線、西山線

学校ホームページ

 多久市立東原庠舎中央校ホームページ  

 

学校所在地

多久市南多久町大字下多久2286番地13
中央校前期課程 電話:0952-75-2516
中央校後期課程 電話:0952-74-3971

問い合わせ

学校教育課
〒846-8501 佐賀県多久市北多久町大字小侍7-1
電話:0952-75-2227 ファックス:0952-75-2279

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?