学生の国民健康保険証ってどうなるの?

進学のため多久市外に転出するときは

多久市の国民健康保険被保険者証(以下 保険証)を持っている人が、大学・短大など、修学のために多久市以外の市町村に転出するときは、修学中被保険者の特例、通称”マル学”(以下、マル学)で引き続き多久市の国民健康保険(以下 国保)で受診できます。

親元である多久市国保に引き続き加入するには マル学 の手続きが必要です!!

  • 転出の手続きの際に学生として転出することをお知らせください。
    (お知らせいただかないときには、多久市の国保を喪失する手続きを行います。)

  • 学生である間は毎年手続きが必要です
    現況確認のため、毎年市役所から書類を送付しますので、その書類に在学証明書または学生証の写しを添えて提出してください。
    (期限までに提出されない場合は、保険証更新の際に新しい保険証が交付できないことがあります。)

卒業や中退などで学生でなくなったときは

国保を喪失する手続きが必要です。

  • 会社等に就職したり、家族の扶養に入ったりして社会保険の保険証ができた場合
    多久市国保の保険証新しい保険証を持参してください。
  • それ以外の場合
    住民登録している市町村の国保に加入する必要があります。新しく保険に加入したら、多久市国保の保険証を持参してください。

 

市報(国保通信)にも掲載中

※詳細はコチラ → 国保通信2月号

問い合わせ

市民生活課 保険年金係
〒846-8501 佐賀県多久市北多久町大字小侍7-1
電話:0952-75-2159 ファックス:0952-75-2182

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?