納めた国民年金保険料は全額が所得税・住民税の社会保険料控除対象です

 国民年金保険料は、納付した全額が所得税・住民税等の社会保険料控除として、その年の課税所得から控除できます。
 控除の対象となるのは、その年の1月1日から12月31日までに納められた保険料が対象です。(過去の年度分の保険料も含まれます)また、ご家族の国民年金保険料を納付された場合、その保険料も合わせて控除が受けられます。
 なお、平成29年中に納付した国民年金保険料について社会保険料控除を受けるためには、年末調整や確定申告を行う際に、領収書など保険料を支払ったことを証明する書類の添付が必要となります。このため、日本年金機構から「社会保険料(国民年金保険料)控除証明書」が送られますので、申告書の提出の際には必ずこの証明書または領収書を添付してください。
※年末調整・確定申告まで大切に保管をしてください。

証明書はいつ送付されてくるの?

〇平成29年1月1日から9月30日までの間に納付された人 → 11月上旬~
(12月分までの払い込み見込額の証明です)
〇平成29年10月1日から12月31日までの間に今年はじめて納められた人 → 平成30年2月上旬~

市報(11月号)にも掲載中

※詳細はコチラ → たく日和11月号

問い合わせ

多久市役所
〒846-8501 佐賀県多久市北多久町大字小侍7-1
電話:0952-75-2112

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?